創業期

1948年

宇治の地で、先代社長「梶 昇」と「梶 操」の二人で「梶くみひも工場」として操業。
当時は帯締めとしての需要が多く、伊賀の親戚を頼りに手組の技術を習得しながら組紐作りを始めました。
組紐作りという業態での経営がとても厳しい時代を迎え、靴下や軍手作りの道を考えたりもしたが、組紐一筋でいこう!と決心。

創業者「梶 昇」

成長期

1958年

組紐作りにおいても機械化が盛んになってきた流れを受け、弊社でも製紐機の導入を開始しました。機械を扱える職人の育成を行いながらも、手組による組紐作りの技術向上を目標に走り続けていました。

1970年

先代社長「梶 昇」が組紐を広めるため、北陸、東北、九州へと教室を展開し、教材や組台などの道具の販売も好調な時期が続きました。

1977年

「梶 昇」が京くみひもの伝統工芸士として認定
「梶 操」が京くみひもの伝統工芸士として認定
京都府伝統産業優秀技術者表彰受賞
国指定卓越技能保持者(現代の名工)

1990年

「梶 操」が宇治市技能功労者として表彰

事業継承期

1992年

先代「梶 昇」の他界により「梶 力」が2代目として代表取締役に就任。「梶 操」と協力しながら、会社の売上を伸ばしてきました。

1995年

主要取引先2社の紐の需要が拡大し、これらお客様からの要望に対応すべく新しい技術開発も含めて、工場が一丸となってものづくりを進め始めました。

事業転換期

2000年

和装業界の大きな冷え込みから、帯締めなどの需要が激減。従来の販路に大きな不安を感じ、自社ブランドの確立へ向け商品開発および営業活動に力を入れ始めました。これより作り手として和装業界の裏方だったポジションから、前へ出てPRしていく動きへ変化してきました。この流れを象徴するように「梶 力」が京都府の伝統産業青年会の会長を務めるなど、昇苑くみひもの広報は元より京都全体の伝統工芸に携わる方々との交流を重ね、人脈を広げていくことになりました。

2001年

現在でも主力商品の一つである「正絹ストラップ」の販売を開始。また業界にさきがけてWEBでの発信にも取り組み始めました。

2003年

「梶 力」が伝統工芸士として認定。

2006年

宇治の工場のそばに、ショップをオープン。自社商品を展示販売行う傍らでくみひも体験などもお店内で対応を始めました。この頃より雑誌やテレビ、ラジオなどで取り上げていただく機会が増えました。

2010年

「世界ボビンレース会議」という大きなイベントに参加し、世界中の人々に組紐を指導するという2年越しのイベントを見事にやり遂げました。

SHOWEN KUMIHIMO CONTENTS