昇苑くみひもの工程

組紐の工程には様々な段階があります。

特に糸の染色から紐の生産、さらに加工までを一貫して行うには細分化された作業を分担して一つ一つ丁寧にこなしていく必要があります。
勿論全て国内で生産し、管理の行き届く範囲での製造を昇苑くみひもでは行っております。

昇苑くみひもの紐は、製紐機を使用した機械組みであってもその作業のほとんどの部分は手作業です。

品質を崩さず、その中で出来る最大限の効率で少しでも皆様に早く商品をお届けできるよう工夫をしております。

そしてまた、昇苑くみひもでは新しいモノづくりへの取り組みも積極的に行っております。

これは手組の技術をベースに、機械組みにおいてもその知識を活かし、機械の構造をよく知る職人がモノづくりを行っているからであり、今なお昇苑オリジナルの紐が生まれ続けています。

 

工程の紹介


1.染色

【せんしょく - sensyoku

_Y6Q8924 DSCN5210 DSCN5211

糸染めをする作業で、絹糸を綛(カセ)の状態で染め出します。
自社で染色をすることにより小ロットでの生産が可能となり、またオリジナルカラーをご希望のお客様や短い納期にも柔軟に対応することができます。

そもそも染料は染める繊維によって種類が異なり、絹を染めることが出来る染料は酸性染料です。
酸性染料は酢酸で色を定着させることができます。

弊社では現在14色の染料を使用しており、それらで多くの色を表現しております。

染色をする上ではまず第一に染料の特徴や、濃い時と薄い時の色の変化を熟知する事が必要で、これらを抑えていなければ同じ色を安定して作ることができません。
また色サンプルを見て同様の色に近づける事も勿論重要ですが、それと同じくらい色ムラを少なく綺麗に仕上げることも心掛けております。

このためには染料を正確に溶かし、酢酸の量やタイミングに注意して、また染めを施している最中は糸を上下に動かして染料がきちんと全体に行き渡るようにするのが大切です。
そして染料の量が決まっていても、薄い色の場合は僅かな誤差で色が変化してしまいますので、染めている最中にその変化を読むことも重要となってきます。

最後に肝心な事は色を合わせる際は必ず同じ場所で検査をします。
見る場所によって色は変化するので、安定した色を出すためにはこういった工夫も必要です。

思い通りの色を表現する楽しみと、そして何よりお客様に昇苑の色を気に入って頂けるように努力を続けています。


2.糸繰り

【いとくり - itokuri

DSCN5144 P1150258

染色とセットで行われる作業で、染め出した絹糸を次の工程の経尺がやりやすいように枠や管に巻き取ります。

単純な様ですが、巻き取る際に絡まったり糸が切れたりしないように気を配る必要があり、
染色の具合によっても変化します。

スムーズな糸繰りが出来るには、糸の状態を把握することのできる熟練の感覚が必要になります。


3.経尺

【へいじゃく - heijyaku

P1150265 _Y6Q8949_Y6Q8955

昇苑くみひもの組紐を作る工程で肝とも言える、糸を束ねる作業です。

作る紐に応じて、束ねる糸の本数・長さ・色・巻き取る枠の数をこの作業で調整します。

それぞれ目的が異なり、
糸の本数 … 太さ
長さ … 出来上がる紐の長さ
 … 紐の柄・模様 / 配色
枠の数 … 紐の種類に応じた個数(例えば江戸紐は8玉で構成されているので8個分、三撚紐は3玉、綾高麗は35玉など)
といった様に対応しています。

綺麗な紐が出来上がるかどうかは、この作業でいかに糸のほつれが無く、スムーズに経尺出来るかが大きく関わってきます。

染めの具合や糸繰りの状態などによって糸切れが起きた場合、糸と糸を結び直すと、その結び目が紐になった時に傷になる可能性があり、また機械組みの場合は結び目が原因で汚れになる場合があるので、極力糸切れは起こらないよう注意します。

それでも材質による原因や、何らかの影響によって糸が切れてしまった場合は、結び目が小さく、糸と糸の中心に結び目が出来るので作業に影響を及ぼしにくい「はた結び」という結びを使って糸と糸を繋ぎます。

もしここで糸切れが起きたことに気が付かなかった場合、僅か一本の差でも出来上がる紐の太さやバランスに大きく影響を及ぼします。
これは組紐が3玉以上で構成されているため、1玉に付き糸が1本減ると、必然的に紐になった際には3本分細くなるためです。

例えば江戸紐の場合は8玉あるので8本分、綾高麗に至っては35本分の糸が少なくなってしまう計算になります。

また一か所だけ糸の本数が少なくても綺麗な形の紐は組み上がりません。

組紐は各々の玉が拮抗した力で互いに絡み合う事で対称な形を作り上げます。
このバランスが崩れると捻じれが生じたり、デコボコした紐が出来上がり、均等な丸や平らな紐にはなりません。

このように経尺の作業は非常に重要で、職人は指先で糸の些細なテンションの変化を感じながらスムーズに経尺を行い、糸切れが起きた場合にはすぐに気づく事が出来なければならないのです。


4.撚りかけ

【よりかけ - yorikake

DSC_0456DSC_0453

経尺で束にした糸に撚糸を施します。
撚糸には右撚りと左撚りとあり、俗にS撚・Z撚と呼ばれるものです。

組紐の構造は織の構造とは異なり、一部を除いて経糸緯糸の概念がありません。
そこで重要になるのが、この撚りをかけるという工程で、
撚りをかけた方向と逆回転に組んでいくと、力が反発し合い解けにくくなります。
(構造上あえて撚りをかけない紐もあります)

また撚りをかけることによって、経尺時の糸のたわみや乱れが解消されるという点もあります。
撚りを丁寧にかけることによって、強度が増し、紐に張り感を与えかつ美しい紐を組むことが出来ます。


5.木簡巻

【もっかんまき - mokkanmaki

_Y6Q8937 _Y6Q8934

撚りを施した糸の束をボビンに巻く作業です。
機械組みの場合、それに対応したボビンが決まっているため、一つ一つ手で巻いて行きます。
これは作る紐の糸の量や長さがその都度変わるために、
機械で自動で巻くことが出来なかったり、機械で巻いてしまうとボビンに巻いた糸が崩れて、
トラブルにつながるのを防ぐためでもあります。


6.玉付け

【たまつけ - tamatuke

準備中


7.組み上げ

【くみあげ - kumiage

準備中


8.加工

【かこう - kakou

準備中


9.検品

【けんぴん - kenpin

準備中

 

SHOWEN KUMIHIMO CONTENTS